DIYチーム、始動しています

DIYチームについて

当社は、空き家や築古物件を購入、リフォームした上で、住まいを確保することが難しい住宅確保要配慮者の方々に、安価に賃貸する事業を行っています。

 

入居者の家賃負担が増さないリフォームをするため、当社は様々な工夫を行っています。その工夫の1つとして、自社で出来る施工は自社で行うことにしています。

この自社でのリフォームを担うメンバーとして、DIYメンバーを2月より採用して、本格的にDIYチームが始動しています。

 

今回は、DIYチームのリフォームの様子について、ご紹介したいと思います。

 

DIYの様子

今回の物件は、台所の床がたわんでしまっていたため、下地の補強をした上で、クッションフロアというフロアシートを貼り付ける作業を行いました。

まずは測量して、板を電動ノコギリで切っていきます。ある程度の大きさまではホームセンターなどで切ってくれますが、床に合わせた微調整が必要です。

 

次に、切り出した板を並べた上で、ネジで固定していきます。

 

このような下地補強により、床のたわみが解消されたら、更にフロアシートを貼るためのボンドを一面に塗ります。

 

そして、フロアシートを慎重に貼っていきます。角の部分もなるべく無駄な資材が出ないように調節します。こういった端材を無駄にしてしまうとゴミが増えてしまいますし、コストも高くなってしまうので、慎重に計算しています。

 

 

最後には、綺麗な床に生まれ変わりました!

<After>

<Before>

 

この物件は、リフォーム前から入居者さんが決まっていたため、自社で施工することで、早く住まいを提供することにも繋がっています。

DIYメンバー、募集中

この現場は、DIYメンバー1名と代表の松本とで、リフォームを行いました。DIYチームは活動開始していますが、まだまだ手が足りてません。

 

そこで、ボランティアスタッフの方も引き続き募集していますDIYに興味がある、DIYが好きな方、その活動を社会に活かしてみませんか?ぜひお気軽にご連絡ください!

 

 

友だち追加