入居者を「住宅困窮者」へ限定することで、空室リスクはないか?

高齢化や格差社会の進展を背景に、「住宅困窮者」は増加傾向にあります。

また入居後も転居の可能性が少ないため、空室リスクは低いといえます。